女性の専門職

専門職という定義は、とても難しく、一昔前までは、商店で働く人も丁稚奉公から始まり、帳簿や商品の説明などを覚えて番頭へと昇格することから、知識や経験が活かされた専門職といってよいと思う。
また、専門の資格という点であげれば、今は様々な職業においてそれぞれ専門の資格があり、別段これを有しているからと言って、特別に優遇される資格は、ごく僅かです。
長年の経験を要し、技術が要求される美容師にあっても、今は経験を持つ技術者よりも最近の流行を知る若い美容師の方が優遇される。
そう言った観点で、経験や技術が評価される専門職と言えば自ずと限られてくる。
特に女性に有利な専門職と言えば、今は看護師をおいてほかにない。
看護職にもいくつかあり、看護師をはじめ理学療法士、作業療法士、介護士などがある。どれも資格が必要だが、女性が活躍できる専門職といえる。
詳細>>
しかし、患者からすれば、気難しい経験の長い看護師よりも、若い看護師の方が人気が高いことは言うまでもない。
看護師の経験や知識が優遇されているのは、現在の看護師の人材が慢性的に人手不足で、看護師の引抜などが行われれば、病室を担当する看護師の人数が、法律上確保できなくて、最終的に病院の閉鎖の危機があるからです。
その為、病院側は、現在勤務する看護師を優遇し、年齢や経験地を基本給に加味して、雇用条件を整えなければ、看護師の確保が難しい現状にあります。
今の時代は、あまり知識を有さなくても、機械やコンピューターが正しく指示を出して、あまり多くの専門職を必要としません。
専門職として、有利な条件で働く職場は、必ず理由があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。